事業内容Business

タイトル背景

JCGroupは、2008年カンボジアにて創業以来主要事業として参りましたカンボジア現地での農業事業に、 日本農業の「古き良き農協機能」を導入し、カンボジア農業のより高度な産業化に貢献して参ります。

昨今その存在意義そのものが厳しく問われている日本の農協は、戦前から戦後、そして高度経済成長時代、 日本の農業発展に大きく貢献した農業組織でした。
GDPの3割を占めながら未だ未成熟なカンボジア農業の現状は、まさに農協を必要としていた当時の日本の農業の姿と重なります。

カンボジア現地農家皆様に、幅広い営農サービス・プロダクトを提供する
「JC Agricultural Cooperatives Co.,Ltd.(JCAC)」
それらサービス・プロダクトに合わせて農協型ファイナンスを提供する
「JC Finance Plc. (JCFinance)」
カンボジアにおいて立ち上げたこれら2社を両輪として、事業パートナーである農業関連日系企業
および日系投資家皆様と共に、「カンボジア版日本型農協プラットフォーム」を展開します。

jc nokyo platform

JCFinanceのコア事業となる「農機ファイナンス」を主軸に、当社農機サービス及びファイナンス をご利用頂いた農家顧客皆様を「JC NOKYO Platform」会員とさせて頂き、日本の農業技術や営農 ノウハウ、更には進化を続ける先端スマートアグリソリューションまで幅広く提供させて頂きます。

jc nokyo platform

Copyright (C) 2008 JC Holdings Co.,ltd. All rights reserved.